本文へ移動

LIFE SCHOOL 根岸こどものいえ

保育士徒然日記 

節分

2022-02-03
今日は節分でした!

幼児は『節分』という行事のことを知っている子がほとんどで、友だちとの会話では、朝から「鬼」一色。
「ぜったいにやっつけるぞ!」
「いいことおもいついた!トイレにかくれればへいきなんだ!」
など、強気な声や少し不安そうにしている子もしばしば。

乳児クラスはテラスから突然登場した鬼たち。
お部屋に入って来なくても、窓越しにいるインパクトのある容姿に声をあげる子どもたち。
大人の後ろに隠れたり、しがみついたり、とにかく必死です。
2歳児クラスでは涙を流しながら豆に見立てて丸めた新聞紙を投げる子も。豆を投げつけられた鬼は盛大に転んでいました。

3階のはぎ組、ききょう組の前には玄関と同じく『ひいらぎいわし』が飾ってあります。
ということは、鬼は入って来られない!
はずなのですが…
外階段をのぼってやってきた鬼たち。テラスにはひいらぎがありませんでした…

「キャー」と声をだして、怖がりながらも「おにはそと!」と豆を投げる子どもたち。もちろん泣いてしまう子もいましたが、気持ちを強く持って鬼をなんとか部屋の外へ追いやろうと、力を合わせながら立ち向かっていました。
3歳児を背中に隠して、5歳児は鬼の前で仁王立ち。
さすが年長児です!

ということで…
『今年もみんなで無事に鬼を退治することができました。退治された鬼たちは、疲れ果て、そそくさと帰っていきました』
とさ。

今年も無病息災で過ごせるよう
願っております。