本文へ移動

LIFE SCHOOL 根岸こどものいえ

保育士徒然日記 

正月あそび

2022-01-07
はじめまして!ブログ初登場の「ことね」です!
初登場なので自己紹介を…
カオナシ大好き!カオナシになりたい!服がいつも黒色になってしまう琴音です!
気をつけて他の色を取り入れようと頑張っているのですが、どうしても気付いたら黒色ばっかりになってしまいます…
 
さて、新しい年を迎え、保育園では正月遊びの行事をしました。
しめ飾りをつけた玄関。コマや羽子板やカルタといった正月の遊びが増えています。
それに加えて、各クラスに獅子舞がやって来るのですが、その様子をこれからお伝えします。
 
まずは0歳児クラスに突入です。獅子舞が部屋に入ってきた途端、「うあーーん!!」と元気な声がひびきます。保育士に抱っこされながら、獅子舞を視界に入れないように必死に首を振る子どもたち。頭を甘噛みされると、思っていたより怖くなかったのか「あれ?」と拍子抜けしたような表情の子もいました。
 
1歳児クラスも今まで見たことのない獅子舞に「こわいのー!!」「こないでー!!」と大人の周りに集まります。獅子舞は見た目のインパクトは大きいのですが、悪者ではないのに、なんだか不憫だなと思いました…。大人に抱き上げられながら頭を噛まれる子、自ら噛まれにいく子など様々です。
 
2歳児クラスでは、保育者の後ろに隠れる子もいましたが、なかにはケロッとして自分から頭を差し出す子や、目の前の遊びに夢中なばかりで、噛まれても何のことやらという子もいて、1歳児とはまた違った一面を見ることができました。
 
幼児クラスでは、獅子舞の見た目に一瞬ビクッとして動きが止まる子どもたちでしたが、保育者が獅子舞に頭を噛んでもらっている様子を見て、「わたしもー!」「ぼくもかんで!」と獅子舞行列ができました。まるでアイドルの握手会のようでした。
 
もし来年、私が獅子舞をやるのなら、全力で役を務めさせていただきます!!