本文へ移動

らいふすくーる桐ケ丘(児童発達支援)

らいふすくーる桐ヶ丘 ブログはじめしました!!

 らいふすくーる桐ヶ丘ブログのURLへ
らいふすくーる桐ヶ丘(児童発達支援・放課後等デイサービス)をより多くの方に知ってもらいたく、ブログを開設しました。らいふすくーる桐ヶ丘の様子をブログでも随時掲載し様子を知って頂けたらなと思いますので、ホームページと併せて上記URLからご覧ください!!

2021年9月より児童発達支援事業オープン!!

「らいふすくーる桐ヶ丘」が2021年9月より、未就学児を対象とした児童発達支援事業所を開設いたしました!!
興味のある方は、ぜひ下記の「概要」の電話番号へご連絡をお待ちしております!!

児童発達支援 らいふすくーる桐ヶ丘とは?

児童発達支援事業とは、社会福祉法に基づくサービスの1つです。
らいふすくーる桐ヶ丘は、子どもたちの主体性を大切に、できることを伸ばしつつ、苦手なことも徐々に克服し、未来にはばたく子どもたちの施設です。 これは、つぼみ会の理念でもあり、これからの社会適応能力を子どもたちが主体となって作り上げていくことを目指しています。障害の有無に関わらず、発達の遅れが気になるお子様の利用も可能ですので、ぜひお越しください。

らいふすくーる桐ヶ丘を利用するには?

①らいふすくーる桐ヶ丘へお問い合わせ・見学
②お住いの市区町村へ利用の申請
③契約・アセスメント等の聞き取り・幼稚園等訪問
④利用開始

受給者証ってどうやって用意するの?

児童発達支援は受給者証をお持ちの方がご利用できる施設です

 受給者証とは、「障害福祉サービス受給者証」のことで、福祉サービスを利用するために必要な、自治体が発行する証明書となります。
 発行されるためには、通院されているお医者様に発達の遅れや療育の必要性があると判断されたり、「診断書」や利用するための「サービス等利用計画」が必要となります。もし、お困りのことがありましたらご相談にも応じますので、お気軽にご連絡ください!!

サービス費用について

①3~5歳のお子さまはサービス費用に掛かる利用者負担はございません。※別途、実費費用等は掛かりますので、ご注意ください。
②0~2歳のお子さまは、厚生労働大臣が定める基準によります。また、世帯の所得に応じて、負担上限額が設定されていますので、サービス費用の1割もしくは上限額に達した金額となります。※こちらも別途実費費用等は掛かりますので、ご注意ください。

らいふすくーる桐ヶ丘(児童発達支援)の過ごし方

1日の流れ

らいふすくーる桐ヶ丘の1日の流れです。ご覧ください。

利用するにあたっての持ち物について

らいふすくーる桐ヶ丘(児童発達支援)をご利用される際に、ご持参頂くものを挙げていますのでご覧ください。

施設見学予約はこちらから!!

 見学予約のお問合せはこちら
らいふすくーる桐ヶ丘(児童発達支援)における施設見学予約システムを開設しました。仕事や様々な理由でお忙しい中、簡単に見学予約ができればと思い、開設しましたので是非ご利用ください。

自宅療育における貸出用 教材

らいふすくーる桐ヶ丘では、教材のご用意が難しい方へ教材の貸し出しを行っています

 らいふすくーる桐ヶ丘では、当事業所で療育に使用している教材を利用されているお子さまへ一部無料で貸出しています。
 当事業所を利用されているお子さまが自宅でも同じように課題等を達成できることで、お子さまの「できたね!!」をご家族でも実感してもらいたく、一部貸出を行っています。
 また、使用方法などが分からないときには、ご相談にも乗りますので、ぜひスタッフへお声掛けください!!
※貸出できる教材等については、スタッフまでお問合せください!

活動の様子

朝の会~様子~

 9/20(月)より児童発達支援利用のお子さまが通所されました。
 通所された際には、持参したものを用意した籠にお子さま自身で籠に入れてもらい、トイレ・手洗い・消毒・検温を済ませ、自由遊びで気分転換を図ってから「朝の会」を実施しています。
 「朝の会」では、一日の流れや運動、お着替えをなどをしてから課題に取り組みます。
 らいふすくーる桐ヶ丘で初めての「朝の会」にも関わらず、しっかりと参加してくれています!!

課題活動①~ポットン落とし~

 机上課題では、事前に実施する内容をスタッフが決め、通所されるお子さまが楽しみながら活動へ参加してもらうように考えています。
 ポットン落としでは、どこにキャップが入るかお子さん自身で考え入るところを見つけていきます。
 ポットン落とし以外にも、紐通しや色分けなど様々な活動を通してお子さまの成長をお手伝いできればと思います!!

課題活動②~模倣塗り絵~

机上課題②
 職員が塗った塗り絵を、お子さんに見せた上で同じように塗ることができるかの模倣塗り絵を行っています。
 実際に色塗りがされている絵を見る(視覚認識)、真似て塗る(模倣能力)、塗り終えるまでの集中力強化を図ります。
 お子さんの成長に応じて、同じ塗り絵でも塗ることができるか、枠からはみ出ないように塗れるかなど様々な状況に合わせて支援を行っています。

課題活動③~色合わせトンネル~

机上課題③
 「色合わせトンネル」では、同じ色同士を同じ色で繋げてトンネルを作っています。作る際には、同じ色同士を組み合わせることができるかを意識してもらうことはもちろんですが、職員の指示通りに制作できているかを見守りつつ、触覚過敏のお子さんへの訓練も相まっており、糊を使用して感覚刺激を与えて刺激に慣れる訓練を行っています。

課題活動④~同じ仲間合わせ~

机上課題④
「同じ仲間合わせ」では、同じもの同士を線で結び付けていきます。例えば、「りんごとみかん」、「こまとけん玉」、「いぬとねこ」と果物同士、遊ぶ物同士、動物同士とお子さん自身が考え、同じと思われるもの同士を線で結び付ける訓練です。
 結び付けるときに着目するのは、線を引けているか(まっすぐなのか少し崩れてしまっているのか等)、ペンの持ち方はどうか、物の認識力や組み合わせ、指示の理解はできているかを見ます。難しいお子さんには、数を減らして組み合わせしやすいようにして徐々に段階を上げていくなどの工夫をしています。

課題活動⑤~サーキット運動~

運動課題①
 運動課題の「サーキット運動」では、足裏カードをスタートとゴールに置くことでスタートラインを認識できているか、お子さんの運動能力向上、体幹訓練、集中力の訓練、指示通りの行動が取れるかの訓練を行っています。
 一本橋部分では、渡れることはもちろんですが、両手を伸ばして歩いてみたり、ゆっくり歩いてもらったり、フープ部分ではお馴染みの「ケンケンパ」を行い、片足での体幹面もチェックし難しいお子さんの場合には、両足で飛んでもらっています。
 身体能力の高いお子さんには、スタートラインを変えたり、フープを変えることで、創造性を膨らませるといった支援も行っています。

課題活動⑥~バランスボール感覚訓練~

運動課題②
 運動課題の「バランスボール感覚訓練」では、3つの活動を一つずつ順番に行っていきます。「座る」「腹ばい」「立つ」を説明し、お子さん一人一人順番に活動を行ってもらいます。「座る」と「立つ」では平衡感覚を鍛え、「腹ばい」では両手を前に出して危険認知の強化と体幹の強化を図っています。
更に難易度を上げて、「数を数える」「バランスを保つ」の2つの処理を同時並行に行うことで頭と身体の両方を鍛えることを目的に行っています。
他にも様々な活動を行っています。これからの活動については、ブログ今後挙げていきますので是非そちらもご覧頂けたらと思います!!

帰りの会~様子~

 午後の自由遊びを終え、たくさん動いた後は気持ちを落ち着かせつつ、帰れる準備を済ませ「帰りの会」を行います。
 帰りの準備をする頃には、お子さまも満足しきったようでゆったりと「帰りの会」に参加されていました!!

概要

名称らいふすくーる桐ケ丘
所在地東京都北区桐ケ丘2-11-26 ポローニャヒルズ2階
電話番号
03-5948-4870
FAX
03-5948-4871
サービス提供時間
9:30~14:30
営業時間
9:00~15:00
定休日
土曜日、日曜日
駐車場
なし

らいふすくーる桐ケ丘 アクセスマップ

JR埼京線北赤羽駅から徒歩7分
JR埼京線赤羽駅から徒歩19分